スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテ】剣舞ナットレイ雨トリパ



ナットレイはがねのジュエルなまいき 181(252)-146(252)-151-*-150(4)-22
598.gifてつのとげジャイロボールタネマシンガンみがわりつるぎのまい
最遅。
ニョロトノこだわりメガネれいせい 197(252)-*-95-156(252)-121(4)-67
186.gifあめふらしなみのりハイドロポンプれいとうビームきあいだま
最遅。
クレセリアオボンのみずぶとい 224(228)-*-159(36)-96(4)-151(4)-135(236)
488.gifふゆうサイコキネシスひかりのかべみがわりトリックルーム
最速キノガッサ抜き。HP4n。
ボルトロスでんきのジュエルひかえめ 172(140)-*-95(40)-200(132)-100-146(196)
642-therian.gifちくでん10まんボルトかみなりめざめるパワー(氷)みがわり
いじっぱりガブリアスのげきりん確定耐え。
眼鏡ラティオスのりゅうのはどう確定耐え。
最速80族抜き。
ローブシンいのちのたまゆうかん 183(20)-211(252)-115-*-115(236)-45
534.gifてつのこぶしアームハンマーマッハパンチれいとうパンチかみなりパンチ
最遅。調整してるっぽいけど忘れた・・・
ファイヤーこだわりスカーフひかえめ 166(4)-*-110-194(252)-105-142(252)
146.gifプレッシャーかえんほうしゃぼうふうエアスラッシュめざめるパワー(氷)
CSぶっぱ。






・個別解説

・ナットレイ
こいつを使いたいがためだけに組んだ。
剣舞ジュエルジャイロの威力はボルトロスを確定一発。
またトリックルームや積みのラグ中に身代わりを貼られてもタネマで貫通できる点は非常に優れていた。
身代わりはじならしでもよさそう。
ただローテの身代わりは神だと思っているのでみがわり。ナットレイは身代わりを残しやすいので相性がいい。
流用なのでなまいきだが絶対ゆうかんのほうがいい。
のろいナットレイに勝てない^q^

・ニョロトノ
ナットレイが苦手な炎に対して強く、トリル下での単体火力は魅力的。
なみのりで4振りガブリアスが高乱数。
またオート天候のため天候に対してある程度のメタとなりえ、雨自体が自然に回避構築に対してのメタとなるためニョロトノのピン刺しは相当強い。
ナットレイがナットレイに勝てないのできあいだま。
持ち物はメガネ一拓。
勝ち筋としてもメタとしても強く、今後もピントノ構築は多くつかわれていくと思うし、実際現状はやっている。

・クレセリア
ずぶといHS沸きセリア。
トリル役を色々考えた際、どうしてもキノガッサがしんどかったのでキノガッサより早く身代わりを貼れるS振りクレセリアを使用することにした。
ラムだと2回目のトリルを貼れる確率が下がってしまうのであまりラムにしたくはなかった。
S降りクレセの利点はもう一つあって、トリル中に後攻で身代わりを貼りやすくなるため(落ちなければオボンで身代わりは貼れる)、2回目のトリルを貼りやすくなる。
もちろんS降りにしたことで耐久値は落ちているが、HBラムよりHSオボンの方が耐えるはず。(多分)
キネシスじゃないとガブの身代わりを破れないのでショックは論外。
ひかりのかべはリフレクターとの選択。
リフレクターだとトリルでのラグ中に積まれた際の保険となる点が強い。
基本的にはひかりのかべのほうがリフレクターより効果的な場面が多く、身代わりも残しやすくなる。

・ボルトロス
トノの取り巻きその1。
個人的な感覚だけど、電気技というより「電磁波」が一貫するのが嫌なので最近は電気無効を必ずパーティに入れることにしていて、霊獣ボルトロスは電気無効ならとりあえずこいつでいいや、みたいな感覚で入ってくる。
必ずしも雨を降らせるわけではないので電気技は2枚。
シャンデラやココロモリに対して自然な形でメタれるのが良い。
ボルトミラーや対ガブを見てめざ氷は個人的には必須。
残り1枠は挑発、気合い球、みがわりなどがあるが、「読み」の要素を削減できる身代わりは個人的に大好きなので身代わり。
特に霊ボルトは電気地面無効なので残しやすいし、相手に対してかける読みの負担を大きく出来る。
火力も欲しい、みがわりもつかいたい。よって電気ジュエル。ジュエル雷の威力は素晴らしく当倍以上なら割と広範囲を確定1発にする。

・ローブシン
ナットレイやバンギラス意識、兼トリルが切れた後も先制技で場を切らさないトリルアタッカーが欲しかったので採用。
配分はADベースでトリルが無くても1回は動きやすいように。
貴重なトリルターンにドレインパンチなんて低火力技を打ちたくないのでメインウエポンはアームハンマー。
採用理由の一つでもあるマッハパンチまでは確定。
残り2枠はドレインパンチも考えられたが範囲を広げることを優先し、ラティオスボルトロスなどに対して打てる冷凍パンチとブルンゲルに対して打てるかみなりパンチを採用した。
火力が欲しいので本当は鉢巻きで使いたかったのだがアムハン連発の後マッパが打てないでは駄目なので命の球を採用。
特性も瞬間的にアムハンの火力を上げられるてつのこぶしとした。
アムハン2回でナットレイと同速になる。
確かに強いポケモンではあるのだが、トリルを貼ってこいつで抜いていく際にアムハンという命中90の技を連発するのは相当嫌だったので、なるべくこいつのアムハンで抜いていくような立ち回りはしないように心がけた。

・ファイヤー
この時点で辛そうだったのが、キノガッサ、モロバレル、シュバルゴ、カイリキー、トゲキッスなどで、カイリキートゲキッスを見るためにラストの枠はスカーフにすると決めていた。
雨パのメンツであり、持ち物はスカーフ固定、ガッサバレルシュバルゴに強い、、、もはやファイヤーしかいなかった。
飛行技の両採用の理由はボルトロスと同じ理由。
ただしエアスラはあまりにも威力が低く結局雨が無くてもぼうふうを打つ場面が多かったのでとんぼがえりでもよさそう。
炎技はだいもんじなんかで拘りたくなかったのでかえんほうしゃ。
ラス枠はめざ氷とした。もちろん打つ機会はそう多くはないが、ガブリアスを1発で倒せるだけで採用価値はある。

トゲキッスを見るために採用したのに控えめ。控えめで抜けないんですね^-^




まとめ


僕が組んだ中ではかなり勝率の良いパーティで、勝率はローテレートで7割5分ほど。
雨トリパのつもりで組んだのだがトリルなしでも十分動ける点や、身代わり持ちが3体で相手に一方的な不利拓を押しつけられる場面が多かったのが要因だと思われる。
トリパミラーやカイリキーやトゲキッスに弱いので対抗策を模索中。
プレイングの問題ではあるのだが、初手の挑発やトリックでそのまま負けるパターンも多かった。
トノ単刺しの雨トリパは現在のローテレートでかなり流行っているので今後意識していきたいですね。

剣舞ナットレイはネタのつもりだったけどめっちゃ強い。
スポンサーサイト
プロフィール

taninaka

Author:taninaka
ポケットモンスターをしています。

個別記事
.heading8{ position:relative; padding:9px; padding-left:15px; font-weight: bold; font-size: 18px; background-color: #51A2C1; color: #fff; border-radius:3px; -webkit-border-radius:3px; -moz-border-radius:3px; } .heading8:before{ content:''; height:25px; width:2px; display:block; position:absolute; top:5px; left:4px; background-color:#fff; border-left: 4px solid #fff; border-radius:3px; -webkit-border-radius:3px; -moz-border-radius:3px; }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。